Google Mapで、出発地と目的地を入力すると、最短ルートと所要時間が表示されます。
九重町が、地域住民の移動手段を確保するために運行するバスです。
運賃/全線一律片道 大人500円 小学生250円 未就学児 無料 ( 障がい者半額 )
路線図・時刻表はサイトをご覧ください。
令和2年7月豪雨の影響により久大本線日田~向之原間が不通です。
◆災害に伴う運行状況のご案内について こちらをご覧ください
◆久大本線代行バスのご案内について こちらをご覧ください
九重町は九州の屋根と呼ばれる、「くじゅう連山」の麓に広がる自然と温泉の町です。 四季の変化がとても鮮やかで、「春は黒色なり、夏は青色なり、秋は赤色なり、冬は白色なり」と古書「九重山記」で表現されているほどで、 大自然の移ろいを季節ごとに満喫できます。
くじゅう連山の北側(長者原付近)に位置し、火山地形の扇状地にできた湿原です。 山岳地域に形成された中間湿原では、国内最大級の面積を持つことなどから国際的にも重要な湿地であると認められ、坊ガツル湿原とともにラムサール条約に登録されました。
別府と阿蘇を結ぶやまなみハイウェイで最も高所(標高1,333m)に位置する峠で久住山への登山口。展望台からは、くじゅう連山や長者原、阿蘇連峰を一望でき、秋には山一面が赤く染まり、冬にはあたり一面に霧が発生して幻想的な霧氷の世界となります。
大自然の中に吹き上がる蒸気と噴出する不気味な熱泥。岩肌にこびり付いた噴出物の色合いは、地獄のような雰囲気を醸し出しています。近くに八丁原地熱発電所があり、スタッフによる発電所・展示館見学ツアー(無料・約60分)を体験できます。
国指定の名勝地で、落差20m、幅40mの豪快な二段落としの滝。この二段目の滝は安山岩の岩壁を滑るように流れ落ちて涼感満点!夏には若者や子供達の歓声が滝周辺にこだまし賑わいます。
現在「滝滑り」はできません。
まだまだあります!見どころ満載!! 九重町観光PRビデオ(14分30秒)
九重“夢”大吊橋管理センター:〒879-4911 大分県玖珠郡九重町大字田野1208番地 TEL(代表)0973(73)3800
© 2007 KOKONOE YUME OTURIHASHI All Rights Reserved.